成田/narita


 成田 – 成田宗弘

 High Rise、凶悪のインテンション、Green Flamesのギタリスト成田宗弘氏が2005年に発表したギターアルバム。トラック1と3がギターソロ、2と4はテニスコーツの植野隆司氏とのデュオ。

 澄んだ空気の中、静と動が混在する独創的な演奏。

 冒頭、低い唸り声のような旋律が幾つか続いた後、空間を切り裂くように歪みきったギターが炸裂する。唸りはファズを伴ったものに変わり、ワウを踏み込むと叫びのようになる。ロングトーンから早弾きへ。ペダルで音色を変えながら、緩急自在に紡がれる旋律。バンドならばドラムとベースがクッションになるが、無伴奏でのソロでは剥き出しとなる。音の塊がゴツゴツと耳にあたるような瞬間もある。

 植野氏とのデュオでは間合いをはかるような、音を置くような、居合のような静かな演奏。ソロよりもスケールはフリーになるが激しくはならない。こういう演奏ももっと聴きたい。録音もとても良い。

 そう言えば以前、Lの臼井氏とのデュオを高円寺で聴いたが、あの日の演奏も素晴らしかった。ドラムがギターを包み込むのか、ギターがドラムに寄り添うのか、ともかく、音数が増えてもどこか静けさを感じさせる独特なものだった。

 

成田/成田宗弘
成田/成田宗弘

http://www.psfmm.com/product/10543

PSF ; アンダーグラウンド数々のギタリストの中でも1−2を争うHigh Riseのギタリスト成田宗弘初のソロ・アルバム。ゲストにマヘル・シャラル・ハシュ・バズ、テニスコーツのギタリスト植野隆司を迎えての自信作!ギターでの可能性を探求する成田の即興演奏はロックもジャズもアヴァンギャルドも超えて、独自の音楽の地平に佇んでいる。発売前から、海外のディストリビューターより問い合わせが多く、特にこのアルバムは国内より海外で期待されているようだ。

円盤、2014年2月8日/Live at Enban : 2014-2-8


日時:
2014年2月8日土曜日
19時開場

料金:
1500円(1drink付き)

会場:
円盤(高円寺・東京)- http://enbanschedule.blogspot.jp/

出演:
コハク
タバタミツル
樋口

Date:
2014/2/8/sat
19:00 – open

Price:
1500yen

Place:
Enban(Koenji – Tokyo)- http://enbanschedule.blogspot.jp/

Act:
Kohaku
Mitsuru Tabata
Hisato Higuchi