秋葉原事件、「少年A」14歳の肖像/Akihabara massacre, Kobe child murders


 秋葉原事件/中島岳志著

 2008年6月8日、加藤智大被告(当時25歳)は東京秋葉原の交差点に2トントラックで突っ込み5名(3名死亡、2名負傷)をはね、停車後ダーガーナイフで通行人12名(4名死亡、8名負傷)を次々に刺した。その後の裁判では1審2審とも死刑判決だったが、事件当時精神障害の疑いがあるとして現在上告中。

 この事件のルポルタージュ『秋葉原事件』は、加藤の生い立ちから事件後までを家族、友人、知人、教師、同僚、被害者、本人等の証言、掲示板への書き込み等をもとに駆け足で綴っている。また加藤の証言を元に、ネタとベタ、アピール等、重要だと思われるキーワードの解読を試み、事件に至った経由を推測している。

 裁判で加藤は、掲示板でのなりすましや荒らしに対するアピールのため事件を起こした、とも取れる発言をしている。掲示板は大切な場所であった、本当に荒らしをやめて欲しかった、事件をおこせばそれが相手に伝わると思っていた、と。

 そのアピールと無差別に12名を殺傷する行動の間には飛躍があり、直接は結びつかない。それは本書を読んでも同じだが、事件以前の「アピール」との関連で読み進めていくと、少なくとも、幼少期から犯行日に至るまでに、ひとつの流れのようなものがある、それは著者の描いたストーリでもあるが、的外れというわけではなさそうだ。

秋葉原事件 加藤智大の軌跡
中島 岳志 著
ISBN:9784022617668
定価:735円(税込)
発売日:2013年6月7日
A6判並製   280ページ
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14984

加藤智大を事件に駆り立てたものは何だったのか? 事件の動機として、「派遣切り」になりそうになったから、あるいは、彼がのめり込んでいた携帯の掲示板で「荒らし」や「なりすまし」が出たから、という説も出たが本当にそうなのか。気鋭の政治学者が裁判を傍聴し、彼の故郷や職場周辺を訪ねて、事件の背景を探る。

 

 「少年A」14歳の肖像/高山文彦著

 もう一冊。秋葉原事件の犯人と同い年と知り、共通点はあるのか?と気になり手にとった。

 1997年2月から5月にかけて、犯人である少年(当時14歳、犯行声明文には酒鬼薔薇聖斗の署名)は小学生の女児4名(1名死亡、3名負傷)、男児1名(死亡)を殺傷した。さらに男児の遺体を切断し、頭部を声明文とともに通っていた中学校の正門に置いた。逮捕後、医療少年院で治療(約4年)を受け、中等少年院に約2年収容された後、2004年に仮退院、2005年には本退院した。

 『「少年A」14歳の肖像』も『秋葉原事件』と同じように、生い立ちから事件後までを証言をもとに綴っているが、精神分析の内容、現場の取材により多くがさかれている。また所々、文学的、詩的な表現もみられる。

 共通点はある。2人とも幼少期に母親から厳しいしつけを受けていたこと、自己中心的な考え方をしていたこと。けれど逆に言えばそれしかなく、同じような環境、性格の人間がごまんといることを思えば、それが原因とは言えない。一因とは言えるが。

 一方、違いははっきりしている。神戸連続児童殺傷事件の犯人は、殺傷の際には性的快楽が伴っていたと証言している。それは小学生の頃から始まり、猫殺し、少女への暴行、殺傷、少年の殺害と死体損壊に至った。14歳という性的に多感な時期を迎え、欲求がエスカレートしピークに達したのだろう。捕まらなければ同じような事件を起こした可能性が高い。

「少年A」14歳の肖像
高山文彦/著
SBN:978-4-10-130432-8
発売日:2001/11/01
http://www.shinchosha.co.jp/book/130432/

一億人の心臓を鷲づかみにした「神戸連続児童殺傷事件」。審判は終わった。真実は詳らかにされることなく、少年Aは闇の中に消えた――。彼の内なる「酒鬼薔薇聖斗」はいつ、どんな家庭で産声をあげたのか。母親は魔物の誕生に気付かなかったのか。第一級捜査資料に綴られた生々しい「肉声」。少年が初めて語る狂気と虚無、そして両親の慙愧……。今ようやく浮き彫りとなる驚愕の全貌。

シティズンズ・バンド/Citizens Band


 シティズンズ・バンドはシドニーの作家アンジェリカ・メシティの映像作品で、四方の壁のスクリーンに、演奏する4人の男女がそれぞれ順に映し出される。その2人目がMohammed Lamourie。カシオのキーボードを肩にのせ、4本の指で細かなアルペジオを奏でる青年。壊れてしまったのか、黒鍵はセロテープで簡易的に補修されている。解説によると場所はパリのメトロで、青年はアルジェリアからの移民らしい。民謡とポップスの混交を飾り気なしに奏でている。血が通うとはこういうことか、思わず感動し落涙した。簡素な伴奏、素直な発声が素晴らしく、もし何かしらの作品がリリースされているならば、それも是非聴いてみたいと思った。その他3人の演奏もなかなかで、作家のセンスの良さがうかがえる。最後には4人の演奏のミックスと、クローズアップでピントのぼやけた夜の街明かりが流れていく。

…本作は、空間に正方形に配された4つの画面それぞれに、移民のパフォーマーが、自らが暮らす都市の一角で音楽を奏でる様子が鮮やかに映し出される。カメルーン出身のパーカッショニストは、パリの室内プールで水面を舞台に手で見事なドラミングをみせる。アルジェリアからパリに移民してきたストリート・シンガーは、メトロで壊れかけたカシオのキーボードを肩にのせ哀歌を歌う。モンゴルがルーツのホーメイ歌手はシドニーの街角で胡弓を奏でながら独特の声を響かせ、スーダン出身でブリスベンに暮らすタクシー運転手は、運転席で哀愁漂う口笛で曲を奏でる。音楽と共に生きる喜びと移民として暮らす複雑な現実の気配を漂わせながら、4名の圧倒的なパフォーマンスは、文化間の移動によって失われゆく旋律と歴史という悲しい現実を示唆しつつ、観る者を魅了する。

-「あいちトリエンナーレ2013」より-

Performers:
Loïs Géraldine Zongo, Mohammed Lamourie, Bukhchuluun (Bukhu) Ganburged, Asim Gorashi

Mohammed Lamourie
Mohammed Lamourie

-「ANGELICA MESITI」WEBサイトより-

同作品のダイジェスト

‘Citizens Band’ by Angelica Mesiti from Angelica Mesiti on Vimeo

 

 おまけ。下の画像は展示会場の近くにある納屋橋を名古屋駅方面に渡ってすぐ、左手にあるビル。風俗店が入居する雑居ビルの壁面に描かれた地球と鯨の親子。色あせた絵、とぎれとぎれに光るネオンが都市の風情を醸し出していた。

納屋橋近くのビルに描かれた鯨の親子