バンドのデモ

やっと完成。
録音を先延ばしにしたから。
何故先延ばしにしたのか?
・・・

かつて存在したかもしれないバンドのデモ。
を、今、独りで録音する。
ということをやりました。
たった2曲だけれど。
(2曲+ダビング前のバージョン=4トラックでリリースします。)

そのバンドの名前は晩白柚(Banpeiyu)です。
シトラスマキシマ、大きすぎる柑橘の果物。
黄色の大きな丸いもの。

タイミングじゃない気がするので、
リリースはもう少し後にしよう。
ジャケットを作ったり、映像を作ったりします。

 

アデライダ・ガルシア=モラレス『エル・スール』

エル・スール
アデライダ・ガルシア=モラレス 著
野谷文昭、熊倉靖子 訳
https://inscript.stores.jp/items/5ea6b1da55fa035832715c0d

ビクトル・エリセ監督の映画『エル・スール』の原作小説。
簡潔で美しい文章、悲しい話ですが心が洗われるようでした。


娘から死んだ父に向けての独白が、今では電気もなく誰もいない家、静かな部屋の中、かすかに残る存在に向けて行われていて、非日常的で神聖な空気が漂っていて、読書中、自分の薄汚れた心の表面に積もった埃が少しだけ拭われたような感じがしました。

映画を先に観ていて、原作では映画では描かれなかった、続きがあるとのことだったので興味を持ったのと、父の超自然的な力=振り子についてどんな風に書かれているのかが(何か暗喩的なモチーフなのか?)気になったので手に取ったのですが、力はそのものとして書かれているのも納得でした。

この著者の邦訳は今のところこれだけのようなので、機会があれば他のものも読んでみたいです。

「かいらいでぃおっと」清水沙

清水さんの新作漫画「かいらいでぃおっと」を読みました。

アックス Vol.146 収録
http://www.seirinkogeisha.com/

清水さんについての他の投稿
https://ghost.readymade.jp/?s=%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%B2%99

とても大きな罪の意識と黒い線に押しつぶされてしまって、読み終わるとどっと疲れて、でも疑問が残って何度か読み返して…。

作者とキャラクターを同一視してはいけない、と分かっているのに「もっと気楽に、適当に生きていいんだよ」と心の中で声をかけてしまう。多分それは自分の醜さを肯定するために。

構図とかタッチとか当然凄いのだけど、今回特に思ったのは構成というか無駄なセリフがひとつもなくて、短編だけど凝縮されていて、前半のおばあさんの?の台詞が終盤にぴたりとはまって「嗚呼…」。

 

キ、Que、消えん? CD

キ、Que、消えん? 消える三部作 (Disappearing Trilogy) Vol.3

– 6 panel digisleeve CD
– reverse board & printed inner spines
– w* full Japanese lyrics & Chinese translation

Electric Guitar, Vocals, Hum Noise & Lyrics by Hisato Higuchi
Recorded, Mixed, Mastered & Photo by Hisato Higuchi
Design & Layout by 若潭 Ruò Tán
歌詞中文翻譯 Lyrics Translated to Chinese by Chzaza & 劉堅白

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年デジタルリリースしたアルバムがCDになりました。 https://hisatohiguchi.bandcamp.com/album/que-ki-que-kien-2

フランスと中国を拠点とする(Avant-garde esoteric music label. Based in France & China.)WV Sorcerer Productions(巫唱片)レーベルから、6パネル・デジスリーヴ・歌詞付きでリリースされました。 https://wvsorcerer.bandcamp.com/album/que-ki-que-kien

消え続けるエコー、きえものエンドレスに続く「消える三部作」の最後の作品です。 メロディーと歌詞、歌とギター、録音とミックス・・自分なりにやってきたことが何周かしてこの作品になりました。

直販(Ghost Disc Records)
https://ghostdisc.stores.jp/items/6271e44107e16377d9ce53e0

謎ときサリンジャー―「自殺」したのは誰なのか―

謎ときサリンジャー―「自殺」したのは誰なのか―
竹内康浩/著 、朴舜起/著
https://www.shinchosha.co.jp/book/603870/

鈴木大拙による松尾芭蕉の俳句の禅的な解釈をベースにグラス家の物語を読み解く・・・って感じの本でした。感心しっぱなしというか、「マジか!」って実際に何度か口にしながら読みました。

かつてグラス家の物語、シーモア・グラスに関する話を読んで何だかの引っかかりがあった方なら面白く読めると思います。

サリンジャーが鈴木大拙の書籍を読んでいたのはほぼ確定の事実のようで、時期や影響の大小までは分からないけど、相当深く関係しているのではと思えてくる、そんな本です。

考察と文学研究の差がいまいち分からないのですが、考察・謎解き・ミステリー風に進んでいくので最後までワクワクしながら読めました。4章は少し毛色が違いますが。

ただ、この本の性質上「バナナフィッシュにうってつけの日」をサリンジャーが執筆した時点で、全てが設計済みだったかのようになっているけど、実際は後から当て嵌めていったパーツも少なくないと思う。そのように読めるように付け足したというか。

自分の場合だと、直感的に書いた言葉の意味や繋がりを後から考える事があって、気付いたり築いたりして続きを書いたりする事があります。

まあでも、自分よりも相当頭が良いであろう早熟な作家なら、あらかじめ全てを見晴らした上で巧妙に隠しつつ配置したってことも無くはない。

どちらにしろ、この本の解釈は説得力があってほぼほぼ納得って感じでした。教養が足りない自分では言語化出来ていなかったものが書かれていたというか。

あと、自分の歌詞はまあまあ禅的だったんだなあと思いました。

予感して囲むテーブルは美しく- Yokan Shite Kakomu Table Wa Utsukushiku

予感して囲むテーブルは美しく- Yokan Shite Kakomu Table Wa Utsukushiku from キ、Que、消えん? – Ki, Que, Kien?

シングル形式で配信を開始しました。
Now available in single format.

”WV Sorcerer Productions 巫唱片”レーベルから「キ、Que、消えん?」のCDが3月20日にリリースされます。 2020年にGhost Discからデジタルリリースしたアルバムです。
The CD will be released on March 20 on the “WV Sorcerer Productions” label.
https://wvsorcerer.bandcamp.com/album/que-ki-que-kien

Ghost Disc のBandcampは以下。
https://hisatohiguchi.bandcamp.com/track/shirushi-hiroi-mune-ni-2

印、拾い胸に – Shirushi, Hiroi Mune Ni

 

印、拾い胸に – Shirushi, Hiroi Mune Ni
from キ、Que、消えん? – Ki, Que, Kien?

シングル形式で配信を開始しました。

”WV Sorcerer Productions 巫唱片”レーベルから「キ、Que、消えん?」のCDが3月20日にリリースされます。 2020年にGhost Discからデジタルリリースしたアルバムです。
https://wvsorcerer.bandcamp.com/album/que-ki-que-kien

Ghost Disc のBandcampは以下。
https://hisatohiguchi.bandcamp.com/track/shirushi-hiroi-mune-ni-2

消え続けるエコー​(​Kietsuzukeru Echo)

2015年録音、2017年にRoot Strataレーベルからアナログレコード&デジタルでリリースしたアルバム「消え続けるエコー」を自分のBandcampから再配信します。

収益金は難民支援のために寄付されます。(2022年3月31日まで)
Proceeds will be donated to support refugees. (Until March 31, 2022)